前向きになれるように

夫婦関係の悩み

未分類

夫婦関係がうまくいかな理由は何??うまくいかない8つの理由と、対処法!

更新日:

結婚して最初に思うことは

夫婦関係は天国と地獄を通過します。

 

結婚してうまくいくことばかりではありません。必ず喧嘩もあります。

 

喧嘩が続くと、離婚したほうがいいのかな?相手を間違ったのかな?と思った人も少なくないはずです。

 

しかしうまくいかないのは、理由があります。その原因を対処することで関係が改善されたというカップルも多いです。

 

夫婦関係がうまくいかないのは理由は?

夫婦関係でうまくいかないのは、色々な理由が重なっている事が多いです。

 

よくある理由としては、

①新婚ゆえにうまくいかない

新婚ゆえのすれ違い。

 

新婚から全てがうまくいく二人はいません。どんな二人でも新婚の時は、ぎくしゃくするものです。

 

長期に続くようなら、対処も必要ですが、そうでもなければ二人の関係を近づけるための調整期間ととらえていきましょう。

 

②コミュニケーションをとる時間が持てていない。

コミュニケーションを持つ時間をしっかりと持てていない場合は、どんなに信頼関係のある二人でもうまくいかなくなる傾向があります。

 

意思疎通の時間がないので、ちょっとしたズレが喧嘩になりやすくなります。

 

相手の行動をマイナス的にとらえてしまったり、誤解したり。

 

夫が帰ってくるのが遅いと、浮気でもしているんじゃないか?とか。仕事以外の何かをしているんじゃないかとか。

 

③自由に使える時間が減った

これは男性に特に多い理由です。縛られたくない。自由にありたいという思いが男性は強いです

 

結婚すると、どうしても家族のこと、妻のために時間を作る必要が出てきます。そうなると、どんどん窮屈感を持つようになります。

 

自由を求めて、妻に残業があるとか嘘をついて、一人の時間を持つことも出てきます。それが後で、夫婦関係のトラブルに発展します。

 

また自由がないと感じている夫は、それじたいが、うまくいってないなと感じることになります。

 

④使えるお金に制限が出来た

結婚すると使えるお金に制限が出来ます。

 

そうなると、独身時代のような金銭感覚では生活できなくなります。お互いに使えるお金が減ることで、お金についての喧嘩が出てきます。

 

お金がからんでくると、当然二人の関係もうまくいかなくなってきます。

 

⑤妻の産後に急にうまくいかなくなった

産後に夫婦関係がうまくいかなる事も多いです。

 

産後は妻は肉体的にもメンタル的にも不安定になります。そんな時に、夫のサポートを全面にほしい中でも、夫が願うように動いてくれない。

 

そんな時に妻としての不満は最高潮に達します。夫としても、そんな妻を受け止めきれなくなり、感情的にあたってしまう事も多くなります。

 

もっともと関係を良好にしていかないといけない時に、逆に関係がうまくいかなくなる事が多いです。

 

⑥夫が単身赴任になった

夫が単身赴任になることがきっかけで、うまくいかなくなる事もあります。

 

今まではうまくいっていた関係に、環境という大きな変化が訪れます。物理的な距離は、情の距離につながります。

 

遠距離でのやりとりになると、情も遠くなるし、連絡がとれないと不安になるし心配が増幅します。

 

⑦夫の仕事の環境が変わった

夫の仕事の環境の変化もトラブルの種になりやすい傾向があります。

 

転職はもちろんの事、出世や配置変えも大きな影響があります。

 

男性にとっては仕事は、1日の大半を過ごす場所です。そこでの人間関係や、出世など位置の変化、配属変えは夫に多きな影響を与えます。

 

夫が仕事の事が重荷になって、ノイローゼになってしまうという事もあります。

 

仕事のことでいっぱいで、家庭を振り向く余裕がなくなるという事もあります。そういった変化が、夫婦関係がうまくいかない原因となってしまうのです。

 

⑧夫か妻が病気になった

夫、もしくは妻が病気になることも、夫婦関係に多きな影を落とします。

 

妻の看病、夫の看病に追われて、結局共倒れ状態になるというパターンです。肉体的にも精神的にもすり減り疲れてしまうのです。

 

喧嘩が絶えない関係になってしまいます。

 

夫婦関係がうまくいかなくなった時、どう対処したらいいのか?

うまくいかなくなった夫婦関係を、どのように対処したらいいでしょうか?

①相手への要求の思いをコントロールする

どんなに夫、妻が立派な人であっても、自分に要求の思いが強いと絶対にうまくいきません。

 

うまくいかない時は、相手が悪いと思いがちです。しかしもしかしたら、自分に課題があるかもしれません。まずは冷静になって、自分を振り返ってみる事が必要です。

 

相手は過剰に自分が要求していたなと気づいた場合には、その思いをコントロールする事です。コントロールする一つの方法として、カチン!ときた時は、言葉に出さないことです。

 

相手に伝えるにしても、自分の要求の思いがおさまっている時に伝えるようにしましょう。

②相手の良い部分を書き出してみる

うまくいかない時は、相手を愛せなくなっている時でもあります。あら探しばかりしてしまいます。あら探しではなく、相手の良い部分を数えあげてみましょう。

 

それを紙に書き出すと、より効果があります。

 

相手の良い部分を書き出してみると、意外とたくさんある事に気づくはずです。逆に悪い気になる部分も書き出してみてください。

 

意外とこんな小さな事で、自分は悩んでいたんだと思うことがほとんどです

③相手のルーツを探ってみる

相手のルーツを知ることで、夫婦関係が改善されることもあります。

 

ルーツとは、夫や妻が育ってきた環境です。親はもちろんですが、どんな学校で、どんな友達と交流してきたのかを知ることです。

 

そうすることで、相手がどんな人の影響を受けてきたのかが可視化されます。

 

もっと効果があるのは、親のみならず祖父母や親族がどんな習慣で、何に価値をおいているかを知ることです。

 

それを知ることで、相手が何故こんな言動をするのか、こんな考え方をするのかが納得いくことがあります。

 

それによって、相手を許せるようになり、いい意味でのあきらめも持つことが出来ます。

 

-未分類

Copyright© 夫婦関係の悩み , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.