前向きになれるように

♡夫婦関係の悩み♡解決講座

未分類

不貞行為による夫婦の破綻を避ける方法

投稿日:

不貞行為は法律上、離婚事由として認められる

不貞行為により夫婦が破綻する。これは当人同士にとっても、子供にとっても衝撃的なことです。

 

・不貞行為は、法律上離婚事由として認められる離婚原因の一つになっている

民法770条第1項に以下のように規定されています。

 

1.夫婦の一方は、以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

1.配偶者に不貞な行為があったとき。
2.配偶者から悪意で遺棄されたとき。
3.配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

2.裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を破棄することができる。

不貞行為とは

不貞行為は離婚自由の一つとなりうるのですが、それでは不貞行為とはどういったものでしょうか?

 

不貞行為は配偶者以外の異性と性的関係を結ぶことです。夫婦やもちろん、婚約関係、内縁関係にある男女にも該当します。

 

ですから内縁関係であっても、相手が不貞行為をおこなった場合には、慰謝料を請求できるのです。

配偶者に不貞行為されても、夫婦関係の破綻は避けたい

配偶者に不貞行為をおこなわれたら、許すことが出来ないのが普通です。

 

しかし中には、例え不貞行為をおこなわれても夫婦関係の破綻だけは避けたいと思う人もいます。

 

不貞行為を行った人の場合は、配偶者に対して心から詫びること。それ以外にまずは方法はありません。

 

許してもらうには、相当の時間を要するでしょう。いったん許してもらっても、相手の自分に対する不信感はしばらくの間は続きます。

 

一生涯、その不信感は払拭されないと思って向き合うべきです。2度目はないと思ったほうがいいです。

 

不貞行為をされた側はどうでしょうか。不貞をされても、なお夫婦関係を続けたいと思うなら、まずは相手を許す努力が必要です。

 

しかし自分が許しても、相手に繰り返されたなら意味がありません。二人で向き合って、2回目はないという事を約束してもらうことです。

 

相手に不貞行為をされると、色々なことが不信につながりやすくなります。不貞行為を行ったのが夫ならば、帰宅が遅いと不安になる。

 

知らない人の着信が携帯に残っていたら、誰なんだろうと不信感が出てくるなど。

 

不信と不安のあまり、配偶者を縛り過ぎると、自分も相手も窮屈になりますし、配偶者もその縛られているストレスから、再び不貞行為を行う可能性もありますので、バランスをみて接する必要があります。

 

そして何よりも、相手が不貞行為にいたった理由を共有できることが大切です。

 

「出来心」なのか、「相手のことを本気で好きだったのか」「自分といるのが苦しかったのか」。

 

もし自分といることが苦しいがゆえに、別の異性に向かったのであれば、自分も変わる努力をする事によって、相手の変化も早くなることがあります。

-未分類

Copyright© ♡夫婦関係の悩み♡解決講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.