前向きになれるように

夫婦関係の悩み

こんな時はどうしたらいいのか

共働きの夫婦。時間と心のすれ違い。どうすればいいのか?

投稿日:

共働きの家庭は多くなっています。

といっても冷静に考えると、日本は伝統的に共働き社会でありました。農業も夫婦でしていましたし、機織りとか、女性が子育てのみならず、一生懸命働いてきた国なのです。

しかし戦後、高度成長期を迎えしばらくの間は、共働き家庭が減少していた時期もありました。

今は、共働き家庭が当たり前のようになっています。むしろ子供の教育費などまで考えると、夫だけの給与だけでは成り立たない家庭が多いのが現実です。

共働きによる、すれ違い

女性の社会進出という観点からも、共働きは応援します。

しかし、それと同時に共働きをしながら、それによる悩みを抱えている夫婦がいるのも事実です。

共働きで生じる悩みの代表的なものは、夫婦の「時間」と「心」のすれ違いいです。二人の出勤時間、帰宅時間、全てがぴったりあっていれば問題ははないのですが、ほとんどの場合は、そうもいきません。

特に、いわゆる「できる男性」「できる女性」というカップルになると、すれ違いが起きやすくなります。なぜかというと、職場において責任を持つ立場に立っていることが多いからです。

責任を持つ立場になると、色々なしがらみが出てきます。人の面倒をみないといけない、得意先との付き合い。仕事が一区切りつくまで帰れない。等様々です。

そうなると、帰宅時間が遅れたり、休日出勤も入ったり、夫婦の「すれ違い」が多くなるのです。

心の距離は、会う回数、一緒にいる時間の影響も受ける

人と人の心の近さ、距離は物理的に何度会ったか、一緒にどのぐらの時間過ごしたのかに影響を受けます。

子供と母親とが情的に近くなるのは、お父さんよりも過ごす時間が長いからです。

夫婦も同じで、すれ違いばかりで、コミュニケーションが取れない。取る時間が少ないとなってくると、必ず心理的な問題が生じます。

例えば、すれ違い夫婦のどちらかが仕事面、もしくはプライベートでもかまわないのですが、何か悩みを抱えていたとします。

本来なら、そういった悩みを夫や妻に相談すべきなのですが、すれ違いばかりで相談できずにいたとします。

そんな時、職場で一番身近にいる人に相談するというパターンになる事があります。

もし、その相談相手が異性であった場合には、配偶者よりも、その人のほうが一緒にいる時間、会う回数が多い上に、悩みの相談もするわけですから、情がどんどん近くなる可能性があるのです。

それが日を追うごとに進展していき、不倫、浮気にまで発展する事があるのです。

コミュニケーションが減ると、ちょっとした事で不信してしまう

「誤解」という言葉がありますが、すれ違い夫婦は、この「誤解」が生じやすくなります。話す時間がない。会ってもゆっくりと時間をとれない。そんな二人ですから、お互い最近どんな事情を抱えているのか、考えているのか見えなくなるわけです。

そうなると、色々な不安、不信が襲ってくるようになります。

「今日も帰宅が遅いけど、本当に仕事で忙しいのだろうか・・」

「本当に付き合いで飲み会にいっているのかな。本当は誰か特別な人と会ってるんじゃないか」

「僕(私)のこと、最近どう思ってるのかな」

「こんなに、すれ違いが多いなら、結婚している意味があるのかな・・・」

等です。

不信、不安が襲い始めると、ぐるぐると悪い方向に考えがまわってしまうので、気を付けなければなりません。

共働きによる、すれ違いをどうすれば解決できるのか

解決するには、一緒にいる時間を増やすことが一番です。

大鉈を振るうような対処なら、思い切ってどちらから転職をして、生活リズムを合わせれるようにする事です。

しかし転職という選択肢は、簡単ではない事と思います。

そうなると、今の仕事を続けながら改善方法を見つけるという事になります。

そうなると、それなりの努力が必要になります。半ば無理やりにでも、二人で工夫して同じ日に休みを取る。もしくは、1日の中で電話なり、LINEなり、コミュニケーションをとる時間帯を決めることです。

これは、今まで出来なかった事を出来るようにする事なので、強制的にでも「意識」を持たないと、出来ないことです。「なんとなく」な気持ちでは、結局曖昧になって、元通りの関係になってしまいます。

夫婦の「すれ違い」は、夫婦関係にとってプラスに働くことはありません。夫婦関係が崩れることを阻止するためなら、まずは二人で出来る「接点探し」の努力をすることです。その努力をしても時間を作れないなら、最後は職場に相談して理解を求めることも必要です。

家庭を持ちながら仕事をするという人生の選択をするなら、家庭と仕事の両立をしなければなりません。両立するためなら、最後は職場への相談、理解を求めるという事も必要です。

 

 

 

-こんな時はどうしたらいいのか

Copyright© 夫婦関係の悩み , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.