前向きになれるように

♡夫婦関係の悩み♡解決講座

未分類

愛してるを言われたい妻。その一言があれば夫婦関係は違ったものになる。

更新日:

男女の感性の違い

「愛してる」の言葉を聞いて嫌な思いをする女性はいません。

 

男性と女性では、異性に対する感性が異なります。男性は目と鼻から入るものに弱いです。

 

例えば美しい女性が目の前を歩いていたら、目がそちらに奪われます。女性のいい香りなどにも、なびいてしまいます。

 

それに対して女性は、「言葉に弱い」と言われています。「いい言葉」をたくさん聞きたいし、受けたいのです。

 

いい言葉を聞きたい、受けたい女性

男性は高められたい、尊敬されたい、そして位置を求める傾向があります。ですから、男性は出世欲も女性に比べると強いのです。

 

そして頼られると自分が高められているような感覚を持つので、うれしいのです。

 

しかし女性は尊敬されたいや、高められたいというよりは、「関心をむけられたい」、「大切にされたい」、「愛されたいとい」という願望が強いです。

 

そのような心理があるので、こまめに声をかけてもらったり、やさしい言葉をかけてもらったりすると、関心をもってもらっている。大切にされていると感じるのです。そして心が満たされる喜びを感じます。

 

夫から愛されたい妻。愛してるの言葉で妻は満たされる

ですから夫に対しても、そのようにしてもらう事を願っています。

 

妻が一番夫からもらいたい言葉は「愛してる」です。しかし男性はなかなか言えないものです。

 

しかし世の中、それを言える男性がいるのも事実です。そういった男性に、女性は心を奪われます。

 

この男性は、本当は悪い人。ついていってはいけない人。そう思っていても、やさしい言葉、愛しているの言葉をたくさん聞かされると、その人がいい人に見えてくるし、好きになってしまうのです。

 

ですから夫婦関係を良好にしていくためにも、夫は妻を愛すること。関心をもってあげることが大切です。

 

妻の少しの変化にも気づいてあげれる、そんな夫になれば、この夫は私に関心をもってくれているという安心感を抱くようになります。

 

そうすれば妻も夫の喜ぶことをしてくれるようになるし、夫婦関係は間違いなく良好なものになるはずです。

 

愛してるなら表現してほしい女性

女性にとっては、表現してくれないなら、思っていないと同じなのです。どんなに男性が「心では愛している」とか言っても、女性からすると、本当に愛してくれているなら、それを「言葉に出して表現して!」となります。

 

言葉として伝えないなら、思ってないと同じなのです。

 

ですから夫は妻に「愛してる」を絶対に言うべきです。それが言えてない中で、夫婦関係が良好にならないと悩んでいるといたら、まずは「愛している」を言える努力から始めてみましょう。

 

それがハードルが高いなら、妻に関心をもってあげる。やさしい言葉をかけてあげる。そういったところから始めてみましょう。

 

-未分類

Copyright© ♡夫婦関係の悩み♡解決講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.