前向きになれるように

♡夫婦関係の悩み♡解決講座

コーチング

子供のやる気を引き出すには?夫婦でコーチングスキルを活用する

更新日:

夫婦における最大の悩みであり、喜びは子育て。

子育ては人生の中で最も難しい事の一つと言えます。日本においても10年以上前からコーチングということが、メディアでも伝えられるようになりました。

 

コーチングという手法は、子育てや夫婦関係を良好なものにしていく上でもとても有効です。

 

今回は、子育てにおけるコーチングについての紹介です。親として夫婦としての共通の悩みは子育てです。夫婦でコーチングスキルを活用する事によって、子供のやる気を引き出してあげることが出来ます。

 

小さな子供にも感情はある

どんな子供でも、最初から大人のように円滑にコミュニケーションをとることが出来る子供はいません。

 

少しずつ単語を覚え、表現の仕方を学んでいきます。子供は自分の事を伝えるのも不器用。しかし不器用でも、自分の気持ちをもっており、感情があるからこそ、それを押さえる事もできずに様々なシグナルを出すのです。

 

子供にわかりやすく表現してもらう事を願っても難しい話。

 

さてそんな子供たちを、親はどう接したらいいのか迷うのは今も昔も変わらないのです。

親にとってのコーチング

そんな子供たちが幸せになるためにも、親、特に母親がコーチングスキルを知っていると大きな武器になります。お父さん以上に母親のほうが、子供と接する時間が長いからです。

 

幸福感は理解されているという実感があると強くなります。

人の幸福感は自分が周囲の人から理解されていると思うと強くなります。

 

コーチングとは、まさに、自分の意見や思いを伝えるスキルではなく、相手の思いを引き出し共感し、そして相手が自ら歩み始めれるようにサポートするものです。

 

つまり相手に自分の意見や考えを押し付けたりするのではなく、相手の意思や気持ちを第一に考えるという事。答えはこちらにあるのではなく相手の中にあると考えるのが基本です。

 

子育てに置き換えてみると、親の思い通りに、子供を動かそうとするのではなく、子供自身が自分の思いと考えで答えを見出し、人生の選択をしていけるようにする事となります。

 

答えは子供本人の中にあるという事を前提にして、母親はそれをいかに引き出すかに集中するのです

 

子供も母親から信頼され、自分の意見を尊重されているという実感を持つと、責任をもって頑張ろうという思いが出てきます。

 

子供の良き点を発見する努力
子供は自分の写し鏡。母親と子供の絆は深いのです。

 

自分と似ているだけに、母としては特別な感情がでやすく、小さな事も気になり、細かくいい過ぎてしまうことは日常茶飯事。

 

しかし、人は否定的な言葉を聞きすぎると萎縮し、やる気が萎えてしまう。それは親と子の関係も同じ。

 

母親として否定的な部分を見つける以上に、子供のいいところを発見する努力をしてみる事が大切です。

 

そして子供の良き点を見つけたらそれを具体的に表現してあげる事。子供はその場では特別な反応を見せなくても、必ず記憶にはその言葉が刻まれていきます。

 

そのためにも母は我慢すること、待つこと。忍耐心が必要にはなります。

 

それは絶対的に必要な事なのです。それを継続していけば、子供は自信をつけ、いずれよりもっと頑張ろうと自分から歩み出しはじめるはずです。

-コーチング

Copyright© ♡夫婦関係の悩み♡解決講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.