前向きになれるように

夫婦関係の悩み

金銭問題

夫婦の金銭感覚の違い!夫と妻それぞれが大切にしているお金の使い道

更新日:

夫婦の金銭感覚の違いは当然あるもの

金銭感覚の違いは夫婦喧嘩の原因の一つです。約半数に近い人が夫、妻のお金の使い方に不満を持っているといわれています。

 

金銭トラブルは、最初は「ささいな」出来事だったとしても、いずれ離婚に発展する大きな問題です。

 

男性と女性は身体的なつくりは言うまでもなく、思考、価値観、行動様式、まったく違っているということは既に述べてきました。

 

そういった違いは、当然お金の使い方にも表れてきます。

 

夫は妻のお金の使い方は、「合理的でない」「有効な使い方が出来ていない」と見えることがあるし、妻は夫は「無駄づかいをしている」と見えることがあるのです。

 

日々のお金の使い方を見ながら、お互いにイラっとしてしまい思わず相手がムッとする一言を言ってしまうのです。

 

夫、妻が金銭面で相手に思いやすいこと

夫が妻に感じる事として以下のようなものがあります。皆さんも同じような体験はないでしょうか?

 

これは私が話してきた人で、実際にあった事例です。

 

・近くにスーパーがあるのに、あの店は少し安いからと車でいく。(※夫からすると、妻はガソリン代の事は考えていないんだな・・・と思う)

・買っても来ていない服が何着もある。

・念のためと買ったもので、結局使わないものがたくさんある

・家計のことを聞いても教えてくれない。

 

妻が夫に感じること。女性の方は、こんな事を感じた事はないでしょうか?

 

・食事代、付き合いのお金と言って思った以上にお金がかかる。

・お小遣いが足りなかったと後から追加請求される

・めんどくさいと言って、コンビニなど高い店で飲料水やお菓子など買ってくる

・スマホやパソコン、ゴルフ、釣り、など趣味にお金がかかる

 

妻は買い物が毎日の日課になっています。スーパーにも毎日いきます。チリも積もれば山となると言いますが、毎日のことなので少しでも安いものをという発想が強くなります。

 

店などで買い物をして、ポイントを一生懸命貯めるのも男性よりも女性です。ですから、女性は節約志向、とにかく安いとかポイントが入るとか、セールというのに弱いのです。

 

ですが大きな買い物は苦手です。車、家、家電などです。

 

それに比べて男性は、毎日スーパーで買い物をするわけではありません。ちょっとした生活の買い物は、近い場所で、めんどくさくなくと発想します。

ですが、大きな買い物や、大切な物を買う時には、どこで買うのか、どのように買えば安いのかトータル的に時間をかけて考えます。

 

それぞれの特徴を生かしあう関係をきずけるのがベスト

男性と女性とでは金銭感覚においても特性が違いますし、強み弱みをそれぞれ持っているといえます。

 

お互いがその特徴を理解しあえれば補える最高のカップルになれます。

 

しかし特徴を生かしあえる関係性を築けなければ、違いだけが目につき、理解に苦しみそして破局にまで発展してしまうのです。

 

特に金銭面は現実の生活と直結しているので、白黒がはっきりと出やすいトラブルです。

 

しかしお金の話を夫婦でしっかりと出来てこそ、本当の夫婦とも言えます。

 

夫は大きな買い物、そして長期的な視点で見れる。女性は短期的なもので細々としたことには配慮がいく。この特性を生かしあえれば、家計の安定した立派な家庭を築けるはずです。

-金銭問題

Copyright© 夫婦関係の悩み , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.