前向きになれるように

♡夫婦関係の悩み♡解決講座

子育て関連の悩み

夫婦で子育て!夫が妻を理解してあげる。夫の愛で妻も頑張れる

更新日:

夫婦関係は「すれ違い」から起きることが多いです。

 

お互い悪気はない。しかし立場や感覚が違うので、自分視点に立ってしまうと配偶者の日頃からの「ありがたさ」が見えなくなってしまいます。

 

夫は仕事から家に戻ると休みたいという気持ちにかられます。

 

しかし子供が生まれたら、二人だけの生活ではなくなります。

 

自分も今まで以上に忍耐や、大変な部分も増えますが、同じように妻にも重い負荷がかかっているのです。

 

ですから、もし夫が今までと同じような感覚ででいると妻の中にも不満がたまってきます。

 

妻(母)は、24時間赤ちゃんと接している

母親は24時間、四六時中赤ちゃんと一緒にいます。家の中でも、外に行く時も。夜も思うように、赤ちゃんは寝てくれません。

 

赤ちゃんが泣いて泣いて、止まらない時もあります。ぞんな時は母親も不安になるし、混乱してしまいます。

 

お母さんは出産以降は完全に子供を中心に動くようになります。

 

男性が考えている以上に、自分の時間を妻は持てていないのです。男性からすると、自分が仕事をしている間、妻は家でゆっくりしている。自分の時間を過ごしていると思うかおしれませんが、まったくそうではないのです。

 

ですから、男性がそのような妻の状況を配慮することもなく、「自分は仕事で疲れている」とか、「最近、家事がおろそかになっているね」、「スーツのシャツにアイロンがかかってないね・・・」「今日は休みだから、ゆっくり休みたい」など、自分の都合にあわせた発言をしてしまうと、妻としては不快な思いになってしまいます。

 

そういった言葉が喧嘩の原因になるのです。女性としても、「私も24時間赤ちゃんと一緒で、ゆっくりと寝る時間もない」「あなたは家に戻れば、オンオフで切り替えが出来るかもしれないけど、私にはオフがないのよ!」など、言いたいことが噴出してきます。

 

夫は妻の気持ちを配慮してあげ、慰労してあげるべき

男性が女性と同じことは出来ません。しかし男性として、夫にしか出来ないこともあります。

 

それは妻をいたわること。ストレスを和らげてあげる事です。

 

子供と直接対しているのは妻かもしれないですが、その妻を愛してあげサポートしてあげれるのは夫だけなのです。

 

少なくとも夫は、自己本位的な自分の大変さだけを主張するような発言は控えるべきです。

 

妻に何をサポートしてほしいかを聞くのがベストです。

 

女性によっても、手伝ってほしい事が違います。理解してほしい事情、気持ちも違います。

 

夫婦がよくコミュニケーションをとることで、子育て期の夫婦喧嘩を回避できるはずです。

-子育て関連の悩み

Copyright© ♡夫婦関係の悩み♡解決講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.