前向きになれるように

♡夫婦関係の悩み♡解決講座

未分類

夫婦なのに孤独・・。そんな時は要注意!不倫、浮気の誘惑の一歩手前です

更新日:

孤独こそ人が一番避けたいこと

「魔が指す」という言葉があります。魔はどこに入るのでしょうか?「心の隙間」に入ってきます。では心の隙間とは、どういったものかというと、簡単に表現すると「孤独」と言えます。

 

人間は「孤独」には弱い存在です。子供を見ているとよくわかりますが、子供は親を求めます。親が目の前から姿を消すと、泣いて泣いて、大変な状態になります。

 

親が再び子供の前に姿を現すと、純粋に喜びます。人間の本性は愛情を求めているし、誰かに価値視されたい、認められたいと思っているのです。

 

そのような人間の特徴を、子供は何のしがらみもなく、まっすぐに表現しているだけなのです。

 

愛情、評価、関心、こういった自分に対する眼差しを感じれない人は、孤独感・寂しさの虜になってしまうのです。

 

夫婦なのに孤独なら、別の異性で満たそうとする

孤独は様々な問題を引き起こします。子供は自分に関心をひくために、ありとあらゆる手段を使います。人の本質は大人になっても変わりません。孤独な環境に置かれた人は、何をするかわからない。自分でも想像もしなかったことをしてしまうものです。

 

結婚して夫婦関係を築いていても、浮気や不倫が起きるのは孤独感が強くなっている時です。

 

自分は不倫や浮気はしないと決意していても、「孤独」という魔と闘うのは容易ではありません。心の隙間、寂しさを埋め合めてくれる異性が目の前に現れると、見事に心を奪われてしまうのです。

 

その異性が自分の好みのタイプでなかったとしても、孤独、寂しさを紛らわしてくれる状況と合致してしまうと、知らず知らずのうちに、その異性を魅力的に感じ、依存心が強くなっていくのです。

 

・家に戻ってきても、その異性の事を思い出してしまう

・携帯電話の着信、メール、LINEなどが届くと、その人ではないかと気になる

・声がききたい

・とにかく会いたい

どんどんエスカレートしていきます。

 

異性ほど人にとって刺激的なものはないのです。一度、自分の寂しさを満たしてくれる異性と出会ってしまうと、理性を越えてしまうのです。

 

毎日、その人のことを考えるようになります。夫、妻とうまくいかない、喧嘩をする、コミュニケーションがとれない、このような事があればあるほどに、その異性に気持ちが向かうようになっていきます。

 

「今日は雨が降ってるし、彼女を家まで送ってあげるのは仕方ない」

「仕事の話もするから、彼と外で食事をするのは仕方ない」

「一度ぐらいなら手をつないでもいいか」

 

自分を正当化するような理由を作りながら、相手と会う回数が増えていきます。そして一度だけならと言いながら、深い関係になっていくのです。

 

自分は孤独に弱いことを自覚する。そして自分から変わる努力をする

自分の弱さを知っている人は本当は強いのです。「自分は大丈夫」「自分は精神的に強い」など自信がある人ほど、孤独な環境に置かれた時にもろくなりがちです。

 

逆に人生の中で何度も孤独の極致を乗り越えてきた人は、自分の弱さも理解しているし、その乗り越え方も知っています。

 

私たちは自分の弱さを、自覚する必要があります。とはいっても、人は挫折や心が折れる体験がないと、自分の弱さも気づかないものです。

 

しかしこの記事を読まれている方は、大なり小なり、苦労をしてきた方、もしくは現在苦労している方のはずです。

 

そんな皆さんなら、まずは自分は孤独には強くはないんだと思ってほしいのです。

 

そして、その孤独感を自分の妻や夫以外の異性で満たすような選択はしない事を願います。もし夫、妻が自分をほったらかしにしている。満たしてくれない。

 

そのような思いがあるなら、相手がそのような態度をとる原因があるはずです。それを明確にしていく事が必要です。

 

相手を批判して、相手を変えようとすると逆にうまくいきません。自分から変わる努力をしていけば、相手も絶対に変わってきます。

 

周囲は自分の心の反映なのです。自分が孤独感を感じているのと同じように、配偶者も同じことを感じている可能性が高いのです。

-未分類

Copyright© ♡夫婦関係の悩み♡解決講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.