前向きになれるように

夫婦関係の悩み

未分類

浮気が行われてしまう理由。これを心がければ大丈夫!

更新日:

浮気の悲劇

夫婦関係の悩みの中で、もっとも許し難く辛いのが浮気問題です。

 

信じていた夫もしくは妻が、自分の知らない間に浮気をしている。

 

この事実を知った瞬間、何を信じていいのか分からなくなってしまいます。この痛みは、実際にそれを体験した者でないと分からない事です。

浮気の本当の恐ろしさ

浮気の本当の恐ろしさは二人の問題におさまらない事です。

 

子供がいる場合、親の分裂ほど子供にとって悲劇はありません。親の愛の結晶として生まれれきたはずの自分。自分のかけがえのない親が、二つに分かれてしまう時、子供は自分が二つに引き裂かれたような心境に落とされます。

 

幼少期、思春期、まだまだ自分を冷静に見つめることが出来ない子供にとっては、その衝撃は人生観を変えてしまうほどの威力を持っています。

 

私もそういう経験があるので、よくわかります。

浮気はどうして起こるのか? 情のコントロールの努力の必要性

浮気はどうしておこるのでしょうか。

 

これに対しての考察は、いずれ詳しく書きたいと思います。ここでは簡単に触れておきます。

 

浮気は人間にとって最も根深く、繰り返し行われてきたトラブルです。

 

浮気は、結婚や事実婚など男女が一緒に歩いていこうと約束しているにも関わらず、どちらかが別の人に心をよせ、その約束を破ってしまう事です。

 

人が人を好きになることは、止め難いことです。ですが、二人で固く約束をした事を破ることは当然、破られたほうとしては傷つくわけです。

 

人は自分の情をコントロールする努力が必要です。結婚は二人が約束した事ですから、それを守れるように「情」をコントロールしていく必要があるのです。

 

結婚は責任をともなう言えるのです。

 

しかし、「好きになってしまったから仕方ない」と言う人もいます。もちろん、そうです。男女は引き合う存在ですから、それを止めることは出来ません。

 

しかし浮気をしないための「情」のコントロールは、決して不可能なことでもないのです。

 

1000人いて、1000人全員がコントロールできるとはいいませんが、少なくとも浮気をしたくないと思っている人なら、コントロールするポイントを知ることによって、それを実現することは可能なのです。

 

結論として浮気が起こる原因は、男女は引き合うという事と、情のコントロールが出来なかった。この2点の重なりと言えます。

自分は大丈夫と過信すると、自分が浮気の当事者になる

人は本質的に何を求めているのでしょうか?

 

時代は移り変わっていきますが、100年前も500年前も人間の本質はかわっていません。

 

それは、人間の歴史を勉強してみると分かります。

 

人は進歩はしていますが、変わらない部分もあります。特に男女の情においてはそうなのです。

 

男性は女性を好きになります。女性は男性を好きになります。この本質を、しっかりと自覚しないと、「あなただけを一生愛します」と誓いあった男女でも、ある一定の環境に身をおけば、男性は別の女性を好きになる可能性はあるし、女性も同じです。

 

自分の情のコントロールに自信を持たず、人としの異性に対する弱さもしっかりと自覚していくことだけでも、不倫、浮気という罠にはまらずにいける可能性が広がります。

 

 

-未分類

Copyright© 夫婦関係の悩み , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.