前向きになれるように

♡夫婦関係の悩み♡解決講座

未分類

夫婦関係はどうして悪化するのか?夫婦のすれ違いが繰り返される理由

更新日:

夫婦関係が悪化するきっかけ

夫婦関係が悪化を願っている人はいません。

 

しかし、そうなってしまう可能性は誰もが持っています。

 

現在、日本においての離婚は3件に1回というデータが出ています。

 

簡単にいうと1日に3カップルが婚姻届けを提出して、同じ日に1カップルが離婚手続きをしているという計算です。

 

離婚というのは夫婦関係が極限の悪化状態にまで達して起こる最終手段です。もちろん、円満に納得しありながら離婚するカップルもいます。

 

しかし多くは、後味の悪い離婚の仕方をします。

 

それでは夫婦関係は、どんな事をきっかけとして悪化してしまうのでしょうか。

夫婦のすれ違い

夫婦関係が悪化してしまう前段階として、小さな「すれ違い」が積み重なっていることがほとんどです。

 

そしてお互い「自分よりも相手に非がある」と思っています。それは、ある意味仕方のない事でもあります。

 

なぜなら同じ人間であっても男性と女性では、まったく違う生き物だからです。

 

男性と女性では、1日に会話で使う単語の量もまったく違います。圧倒的に女性のほうが多いという統計が出ています。

 

男性よりも女性のほうが、よく話しますし、話しながら物事を解決してく傾向がります。

 

それに比べて男性は何か悩みがあったり、考えたいことがあると自分の時間を持ちたいし、無口になる傾向があります。

 

男性と女性では身体つきもまったく違います。

 

男性と女性の違いをあげるといくつも出てきます。

 

男女の違いからのすれ違い

つまり男性と女性は、同じ人間でも「違い」が大きいのです。

 

ですが、この「違い」の存在を夫も妻も自覚しきれずにいるので、すれ違いや誤解が生じるのです。

 

しかし年齢と人生経験と共に、男性も女性も相手との「違い」を「知る」ようにはなりますし、経験上「こういった時は男性はこう考える」「このような状況だと、女性はこのように感じている」など「認知」するようになります。

 

しかし、それでも「違い」を持っている男女ですから、「知る」があっても誤解がゼロになる事はないのです。

 

夫婦関係の悪化を対処するには、事前に「防ぐ」という事しかありません。

 

既に悪化してしまった状況から、事後対応しようとしても遅いのです。

 

小さな「誤解」「すれ違い」が出始めている時、または積み上げられつつある時に、その「芽」の段階で摘んでおく必要があるのです。

 

そのためには、まずは男女の違い。どんな事ですれ違いがおきやすいのかを、誤解が生じやすいのかを勉強しておく必要があります。

 

 

-未分類

Copyright© ♡夫婦関係の悩み♡解決講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.