前向きになれるように

♡夫婦関係の悩み♡解決講座

最初に

夫婦の絆を深めるためにできること!

更新日:

夫婦の悩みは尽きない

夫婦の悩みは尽きることはありません。

 

悩みは尽きないですが、それでも人は結婚します。そして夫婦になろうとします。

 

それは何故でしょうか?

人は一人では生きていけない

世の中には、「私は生涯、一人で生きてきた」と言う人がいます。

 

しかしよく考えてみると、人は一人では生きていけないはずです。

 

何故かというと、私達の出生時の状況を考えてみると分かります。人間は動物のように、産まれると同時に足で立つわけではありません。

 

赤ちゃんの時は寝返りもままならず、お母さんの乳を吸うのさえ最初は不器用です。

 

子供を産んだお母さんなら分かる事ですが、赤ちゃんは生まれた当日、翌日にはお母さんの乳を自分で吸えるように促してあげなければいけません。

 

おしめも自分で変えることが出来ません。このような事を考えてみても、人間は「一人で生きてきた」と言えるでしょうか?

 

人は誰かに助けられ、支えられて生きているのです。

親子の絆は深い

夫婦とは?家族とは?親族とは?人間とは?

 

「人」というテーマで考えだすと深みにはまりそうです。

 

ただ一つ言えるのは、私たち人間にとって一番身近でありつながりが深い存在、それは親です。

 

親と子供の関係は、それはそれは深いものです。動物世界を見てみても、親は命がけで子供を守ろうとします。

 

親と子は切っても切ることが出来ないほど深い絆で結ばれています。

夫婦の絆は何で結ばれている?

それでは夫婦はどうでしょうか? 私たちが親という時に、そこには父親と母親がいます。

 

家庭は社会の最小単位のコミュニティです。家族は「親と子供」、「夫と妻」という構成で成り立っています。

 

不思議なことに、この家族の中で血の繋がりがないのが夫婦だけなのです。親と子供は血の繋がりがあります。子供はお母さんのお腹の中で10ヵ月以上をかけて育ちます。深い絆です。

 

子供はお父さんのお腹で育つわけではないですが、父の遺伝子を引き継いでいます。

 

このように考えると、家族の中で夫と妻の関係は特別な関係です。「血のつながりがない」のです。

 

そこに夫婦関係の様々な悩みや喜びの原因があると言えます。

 

血の繋がりがないという事は、それ以外の何かが二人を結び付ける理由となっているはずです。

 

それが何かというと「愛」なのです。

 

ですから夫婦にとって愛があるのかないのかは、致命的であり現実的な問題なのです。

 

愛が冷めてしまえば赤の他人になるのが夫婦関係なのです。

 

ですから夫婦の絆は愛から来ているので、夫婦で努力して絆を深める、愛を深める努力をしないといけないのです。

 

その努力を止めしまうと、いつでも赤の他人に戻る可能性を秘めているのが夫婦なのです。

 

 

 

 

-最初に

Copyright© ♡夫婦関係の悩み♡解決講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.